妊娠期に必要な葉酸について

MENU

葉酸とは?

葉酸は、水に溶ける性質をもつ「水溶性ビタミン」であり、ビタミンB群の仲間です。
1941年にほうれん草から発見され、ラテン語で「葉」「ほうれん草」を意味するfolium」から葉酸「folicacid」と命名されました。

 

水溶性のビタミンである葉酸は、体内では蓄積されにくい特徴を持っているため、毎日摂取することが必要と言われています。
また食品からの摂取の際には、熱に弱く、調理や長期保存により失われてしまう確率が他の栄養素よりも多いという問題があります。

 

葉酸の役割

 

葉酸は、様々な栄養素の働きを助ける役割を担っています。

 

葉酸にはビタミンB12と協力して赤血球を作り出す働きがありますが、正常な赤血球を作り出すためには、どちらが不足することも許されません。
つまり、葉酸が不足すると、貧血や赤血球の異常が起こってしまいます。

 

また、正確なDNAの生成や修正という部分にも葉酸は非常に大切な役割を担っています。
DNAは遺伝情報を細胞に伝え、同じ細胞を作り出しますが、葉酸はその遺伝情報を伝えることに関わっており、不足してしまうと、正しい情報が伝わらないということが起こります。

 

さらに、アミノ酸の合成やタンパク質の合成の促進にも関わっています。
葉酸は細胞の生成に深い関係をもっており、細胞分裂を助け、細胞を成長させるという働きを持っています。

 

体を作っていく過程には必ず必要な栄養素であり、不足してしまうと様々な弊害が生じてしまいます。
それだけ重要な栄養素が「葉酸」なのです。

 

葉酸と病気の予防

 

葉酸の摂取により予防ができたり、症状を軽減できる病気があります。

 

例えば「巨赤芽球性貧血」という悪性の貧血は、赤血球をつくる際にビタミンB12か葉酸が欠乏してしまうと起こる場合があります。
もちろん、両方がしっかり摂取されていれば、そのような貧血にはなりません。

 

そして、胎児の「神経管閉鎖障害」という神経管の発育不全という障害のリスクは葉酸を摂取することによって軽減することができます。

 

また、最近の研究では、葉酸の摂取が動脈硬化や虚血性心疾患の予防につながるということがわかってきています。
葉酸が、動脈硬化の危険因子といわれる「ホモシステイン」というアミノ酸を、血中コレステロール値をさげるといわれている「メチオニン」というアミノ酸に変換することを助ける働きを持っていることがわかってきたのです。

 

このように、葉酸は体を作るために必要なだけでなく、健康を維持するためにも必要な栄養素なのです。