妊娠期に葉酸が欠かせない理由

MENU

胎児の発育と葉酸

葉酸は胎児の細胞分裂には必要不可欠な栄養素です。
それは、細胞分裂の際に遺伝情報を正しく伝えるためには葉酸とビタミンB12が必要だからです。

 

受精するとすぐに細胞分裂が急速に始まります。
まず最初に形成されるのが、神経系と脳や心臓です。
このときに葉酸が不足してしまうと、運動機能に問題が生じてしまったり、内臓機能が弱くなってしまったりしてしまう可能性があります。
場合によっては脳の大部分が欠損してしまい、長く生きられない赤ちゃんが生まれることもあるのです。

 

また、葉酸は健康な赤血球を作ったり、細胞を作るアミノ酸やタンパク質の合成にも関わっており、細胞分裂を促進させる役割もあります。
細胞分裂が盛んな胎児にとって、とても重要な栄養素といえるでしょう。

 

葉酸の母体への効果

 

葉酸は胎児だけでなく、母体にとっても非常に大切で、重要な役割があります。

 

まずは貧血の予防です。
葉酸が不足すると、健康な赤血球ができなくなってしまい、巨赤芽球性貧血という貧血を起こしてしまう場合があります。

 

そして、高血圧や心疾患のリスクを減らす効果もあります。
動脈硬化を引き起こす原因である「ホモシステイン」の血中濃度を下げることができます。

 

妊娠中は特に胎児へ栄養が行ってしまうため、貧血になりやすかったり、また体の変化から血圧が上がりやすくなっています。
高血圧などの場合は、命に関わることもあるので、葉酸の摂取により、これらを予防することは非常に大切だといえます。

 

葉酸は妊娠前からの摂取が大切

 

では、葉酸はいつから摂取することが望ましいのでしょうか。

 

葉酸は妊娠前から摂取しておくのが望ましいといえます。
できれば、子供が欲しいと思ったらすぐに摂取を始めるとよいでしょう。
葉酸は妊娠しやすい体を作るのにも必要で、実際に不妊治療をしている人が葉酸を摂取することで妊娠できたという例もあるそうです。

 

葉酸を妊娠前から摂取しておくことが望ましい理由は、妊娠するためだけではありません。
受精卵が着床すると、すぐに細胞分裂が始まり、神経系や脳などが先に作られるため、妊娠がわかってから葉酸を摂取するのでは遅いのです。
妊娠しているとわかる頃には既に4週から6週ほど経っているからです。

 

妊娠前から葉酸を摂取しておけば、胎児に葉酸が不足してはいけない時期にしっかり摂取できているということになるので安心です。
子供が欲しいと思ったら、葉酸の摂取を心掛けましょう。

なぜ妊娠前・妊娠時に葉酸が必要か?記事一覧

 

「神経管閉鎖障害」とは脳や脊椎の元となる神経管が作られる時期(妊娠4週から5週ぐらい)に起こる胎児の先天異常です。遺伝をはじめとする様々な要因がからみあって発症しますが、葉酸を摂取することにより、発症のリスクを軽減させることができるということがわかっています。残念ながら、葉酸摂取で完全に避けられるものではありませんが、欧米各国などでは、90年代から葉酸の摂取を勧告しており、アメリカでは98年から小...