妊娠期に葉酸が欠かせない理由

MENU

葉酸の摂取量の現状

国民健康栄養調査によると、日本人の葉酸の摂取量は平均的に十分な量とされています。
つまり、通常の食生活をしていれば、葉酸の摂取量は足りていることになります。

 

しかし、極端なダイエットをしたり、食生活がみだれたりしている場合などは摂取不足になってしまう可能性が非常に高くなります。
そのような状態のときに、妊娠してしまった場合、葉酸不足で胎児に影響が出てしまう可能性も高くなってしまいます。
妊娠時は、通常時の倍近くの葉酸を必要とするため、妊娠していない状態で不足しているということは、妊娠したときには不足しすぎているという状態になってしまうのです。

 

葉酸が含まれる食品

 

葉酸は非常にたくさんの食品に含まれているため、通常のバランスの良い食事をしていれば、妊娠中でなければ摂取量は足りている人が多い状態です。
しかし、妊娠をするとより多くの葉酸を摂取することが必要になるため、どのような食品に多く含まれているかを知っておくことで摂取する際の参考になるでしょう。

 

葉酸は次のような食品に多く含まれています。

 

まず野菜類は、枝豆、からし菜、そら豆、モロヘイヤ、しいたけ、パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、春菊、アスパラガスなど、主に緑色の食材に多く含まれています。
海藻類にも多く含まれ、焼き海苔などにも多く含まれています。

 

また、「葉酸」という言葉からはちょっと予想しにくいのですが、鶏レバーや牛レバー、豚レバー、また、うにやいくらなどにもたくさんの葉酸が含まれています。

 食品から葉酸を摂取する場合に注意すべきこと

 

葉酸を多く含んでいる食品はたくさんありますが、食品から摂取する際には注意しなければならないことがあります。

 

葉酸は水に溶けやすい「水溶性ビタミン」であるため、水に弱いうえ、熱にも弱いので、調理によって約半分になってしまいます。
また、保管する期間が長くなればなるほど、葉酸が抜けてしまいます。

 

このようなことを防ぐには、購入したらなるべく早く調理し、加熱するときは、葉酸が溶けだしても良いように、スープなどの汁も楽しめるものにすると良いでしょう。

 

しかし、妊娠中は妊娠していないときの倍の葉酸の量を必要とするため、調理で葉酸が減ってしまうと、十分な量を摂取することが難しくなります。
十分な量を摂取するためには、サプリメントを活用するなどして、足りない分を補ってあげることが、手軽であり、確実でもあります。