妊娠期におすすめの葉酸サプリ

MENU

葉酸の効果的な摂り方

摂取の方法の違いで摂取量が変わる

葉酸は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく、熱にも弱い性質があります。
つまり、葉酸が多く含まれている野菜などの場合、茹でたり炒めたりなど、火を通して調理してしまうと、葉酸が分解されて半分ほどにまで減ってしまうのです。

 

せっかく摂取できるはずの葉酸を無駄にしてしまうのは残念なので、できるだけ多く葉酸をキープしたまま摂取できる方法で摂取したいですね。

 

葉酸を食べ物から効果的に摂取するには

 

まず、野菜などは保管から気を遣う必要があります。
葉酸は光にも弱く、光に当たるだけで減ってしまうため、購入後はすぐに冷蔵庫に保管しましょう。

 

調理の際にまず気を付けたいのは、洗い方です。
水溶性ビタミンなので、水にも溶けやすいため、洗うときはさっと洗うのが基本です。
生で食べられるものであれば、さっと洗ってそのまま食べれば、それが最も葉酸を失わずに食べられる方法といえるでしょう。

 

しかし、生で食べる場合、量はあまり食べることはできないので、火を通して食べることも考えなければなりません。

 

葉酸は加熱にも弱く、水にも溶けだしてしまうため、葉物を茹でる場合はさっとゆでることがポイントです。

 

水に溶けやすいため、その溶け出した成分も一緒に摂取してしまう方法もおすすめです。
スープや味噌汁などは溶け出した葉酸も一緒に摂取できる点では、効率のよい摂取ができるといえます。
また、炒め物については、短時間で火を通し、水溶き片栗粉を回しいれて、溶け出した水分も一緒に絡めて食べてしまえば無駄なく摂取できます。

 

このように、葉酸が苦手な火を通しての調理も工夫次第で、葉酸をできるだけ多く残して摂取することができます。

 

さらに、葉酸はフルーツなどにも多く含まれています。
生でそのまま無駄なく葉酸を摂取できるので、フルーツを取り入れるのも良いでしょう。

 

サプリメントを摂取する場合

 

まず、サプリメントを飲む際は必ず水で飲みましょう。
お茶やコーヒーなどはサプリメントの栄養の吸収を阻害してしまうため、よくありません。

 

さらに、飲むタイミングも重要です。

 

葉酸は水溶性なので、胃にはできるだけ何もない状態である「食間」に飲むことで、成分を効率よく吸収させることができます。
しかし、水溶性ビタミンは、一度にたくさん摂取してしまうと、尿として排出されやすくなってしまう性質があるため、1日分を一度に飲んでしまうことはおすすめできません。

 

できれば、1日分の量を何度かに分けて飲むことが望ましいといえます。
朝食と昼食の間、昼食と夕食の間、そして寝る前の3回にわけて摂取するとよいでしょう。

 

特に寝る前は、葉酸を体内で効率よく働かせることができるとされています。
成長ホルモンが分泌されるので、サプリメントの成分が活性化されるという理由や、肝臓の血流が低下している時間なので、サプリメントの成分が多く血液に吸収されるという理由などがあります。

 

同じ1日分のサプリメントの摂取でも、摂取方法を変えるだけで、実際に体で有効に働いてくれる量も変わってくるのです。
せっかく飲むなら、効果的な飲み方をしたいですね。

葉酸の効果的な摂取方法とは?記事一覧

 

天然葉酸とは「天然葉酸」とは、食べ物に含まれている葉酸のことを言います。食べ物に含まれている葉酸は「ポリグルタミン酸型」というタイプで、このままの形では体内に吸収できず、小腸で「モノグルタミン酸」にしてから吸収されます。残念ながら、この変化の過程で食べた物に含まれていた葉酸の多くが吸収されないまま排出されてしまいます。天然葉酸の体内での利用効率は残念ながら50%以下ということがわかっています。食べ...