妊娠期におすすめの葉酸サプリ

MENU

葉酸の摂取を意識しなければならない時期

通常、1日3食バランスのとれた食事をしている場合、
葉酸が不足することはあまりないため、葉酸について意識することはないと思います。

 

特に妊娠を希望しているわけでなければそれでも大丈夫です。

 

しかし、妊娠をしたいと考えたとき、そのときから葉酸の摂取について真剣に考える必要がでてきます。
葉酸の摂取を意識して積極的に葉酸を摂取していかなければならないのは、
妊娠をしたいと考えたときです。
妊娠前から摂取することがベストなのです。

 

妊娠前から摂取していない場合は、妊娠がわかったらすぐに摂取しましょう。

 

妊娠時、いつまで葉酸を摂取しなければならないのか

 

葉酸の摂取は妊娠前からがベストなのですが、では、いつまで摂取し続ける必要があるのでしょうか?

 

妊娠時に葉酸を摂取する理由は、主に、胎児の神経管閉鎖障害を初めとする先天性異常を防ぐためです。
もちろん、葉酸の摂取はそれ以外にも様々な効果をもたらしますが、妊娠初期に必要な理由はこれが一番大きいのです。
胎児の様々な器官が作られる妊娠3ヶ月ぐらいまでは意識してしっかりと葉酸を摂取しておく必要があります。

 

しかし、これはあくまでも最低ラインです。
葉酸は、胎児の障害を防ぐためにも必要ですが、妊娠中は、胎児に栄養が送られてしまうため、普段よりもしっかりと摂取しておかなければなりません。
量は減らしたとしても、毎日の食事に気を遣って積極的に葉酸を含む食材を取り入れたり、サプリメントを続けたりするようにしましょう。

 

授乳時の葉酸の必要性

 

妊娠中だけでなく、出産後も葉酸の積極的な摂取が必要です。

 

出産後、母乳で赤ちゃんを育てる場合、その母乳は母親の血液から作られます。
血液から作られるため、造血促進作用のある葉酸とビタミンB12をしっかりと摂取することが大切になってくるのです。

 

母親自身の体から栄養をとって母乳にして赤ちゃんに飲ませているので、しっかりと葉酸を摂取しておかないと、貧血などの体調不良になることもあります。
産後の忙しさから、なかなか自分の食事にまで手が回らない場合はなおさらです。

 

このような理由から、授乳している間は葉酸をしっかりと摂取しておくに越したことはありません。。
葉酸をしっかりと摂取することで、母親は貧血などを起こさないようにすることができますし、細胞分裂が盛んな赤ちゃんには細胞分裂に必要な葉酸がたくさん入った母乳を与えることができるからです。

葉酸はいつまで摂るべきなのか?関連ページ

過剰摂取のリスク
妊娠を考え始めたら摂りたい成分、葉酸。ですが摂りすぎると思わぬ副作用が出ることも。葉酸の摂りすぎはどのようなリスクがあるのか紹介します。