葉酸と胎児の障害

MENU

神経管閉鎖障害とは

「神経管閉鎖障害」とは脳や脊椎の元となる神経管が作られる時期(妊娠4週から5週ぐらい)に起こる胎児の先天異常です。

 

遺伝をはじめとする様々な要因がからみあって発症しますが、葉酸を摂取することにより、発症のリスクを軽減させることができるということがわかっています。

 

残念ながら、葉酸摂取で完全に避けられるものではありませんが、欧米各国などでは、90年代から葉酸の摂取を勧告しており、アメリカでは98年から小麦粉への葉酸添加が義務付けられるなどの対策を行い、神経管閉鎖障害の発症率が減少するという成果をあげています。

 

日本では、政府からの通達がやっと2000年になってあるなどの対策の遅れや、葉酸に関する知識の周知が行き届いていないなどの理由から、発症がなかなか減らないという状況にあります。

 

出生した子供の1万人に対して6人の割合でみられると言われています。

 

神経管閉鎖障害には、「二分脊椎」と「無脳症」の2種類あり、それぞれ症状などに違いがあります

 

二分脊椎とは

「二分脊椎」とは、神経管の下部に閉鎖障害が生じた場合に起きる障害です。

 

生まれつき脊椎の一部が形成されない状態で、「開放性二分脊椎」と呼ばれる、脊椎の背中側の骨が一部開いて神経組織が背中に飛び出してしまっているものと、「潜在性二分脊椎」と呼ばれる、骨の開いている部分が正常な皮膚に覆われているものがあります。

 

症状や神経障害の程度などは様々ですが、運動障害(足が動かせない、歩きにくい、足の変形)や感覚障害(感覚がない)、膀胱障害(おしっこの排泄コントロールができない)や直腸障害(うんちの排泄コントロールができない)などの障害があらわれます。

 

 

無脳症とは

 

「無脳症」とは、神経管の上部で閉鎖障害が起きた場合に、脳が形成不全となってしまうものです。

 

体は普通に成長しますが、額から上の頭蓋骨が形成されず、頭部がほとんど形成されません。
神経組織は露出し、薄い膜で覆われて周りの皮膚につながっている状態になります。
その他には、眼球が飛び出したり、または欠落していたり、口蓋裂などもみられます。

 

このような状態なので、無脳症となってしまった場合、胎児としては生きていることができても、産まれてからは生きていることはできず、治療法もないため、残念ながら数時間で死に至ってしまいます。

 

 

いずれも重大な障害であるものの、十分な葉酸摂取により50〜70%を予防できるという研究結果から、厚生労働省は2000年に通知を出して、妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取を呼びかけたのです。