妊娠期におすすめの葉酸サプリ

MENU

天然葉酸と合成葉酸

天然葉酸とは

 

「天然葉酸」とは、食べ物に含まれている葉酸のことを言います。
食べ物に含まれている葉酸は「ポリグルタミン酸型」というタイプで、このままの形では体内に吸収できず、小腸で「モノグルタミン酸」にしてから吸収されます。

 

残念ながら、この変化の過程で食べた物に含まれていた葉酸の多くが吸収されないまま排出されてしまいます。
天然葉酸の体内での利用効率は残念ながら50%以下ということがわかっています。
食べ物そのものから葉酸を摂取する場合は、非常にロスが多いといえます。

 

サプリメントの場合でも天然葉酸で作られているというサプリメントがあります。
食べ物そのものではなく、野菜などの植物から葉酸を抽出し、サプリメントとして加工しているので「天然由来の葉酸」を使ったものということになります。

 

合成葉酸とは

 

一方、合成葉酸とは、葉酸が体内に吸収される時の形である「モノグルタミン酸型」になっており、そのまま吸収されます。
つまり、ロスが少ないので、吸収率も上がるということです。
合成葉酸の体内での利用効率は85%といわれています。

 

しかし、この「モノグルタミン酸型」の葉酸は天然の食材には存在しないため、人工的に作り出す必要があります。
人工的というと抵抗がある人もいるかもしれませんが、危ないものではありません。

 

合成葉酸については、過剰摂取に気を付けなければなりません。
天然葉酸に比べて合成葉酸のほうが吸収率が高いため、その分注意する必要があるのですが、サプリメントのパッケージに記載されているとおりの飲み方をすれば、問題ありません。

 

天然葉酸と合成葉酸、どちらがいいのか

 

このように、違いのある天然葉酸と合成葉酸ですが、厚生労働省から胎児の神経管閉鎖障害の防止のために推奨されているのは「合成葉酸」のほうです。
理由は、この障害防止のために葉酸が効果があるという科学的根拠がモノグルタミン型葉酸で示されているからです。

 

「天然葉酸」の場合、食品に含まれる量がまず個体差があるということと、体内に吸収されたあとの利用率が安定しないなど、不確定要素が多いことから、胎児の神経管閉鎖障害の防止への効果の有無が十分に検証できていません。
もちろん、理論上は天然葉酸でも胎児の神経管閉鎖障害の防止効果はあると思われますが、現時点でその証拠が示されていないということです。